【サッカープレイパークin緑区通信⑥】1対1?


サッカープレイパークin緑区通信⑥】1対1?

こんにちは!
地元名古屋市緑区でジュニアサッカーの指導をしております。当サイトでは、私が執筆している「サッカープレイパークin緑区通信」の短い記事を紹介しています。

子どものサッカーをしる⑥1対1?

サッカーのみなぜか個の力や1対1ばかりが強調されています。例えば、インターネットのジュニアサッカーサイトでは、「寄せてくる相手をかわす、ボールを持ったときに慌てない、シュートを打つために相手を抜く。これらのプレーを成功させるために必要なボールコントロールやドリブルがうまくなる「1対1が強くなる練習メニュー」・・と始まり、最後は1対1検定なるものを紹介しています。

1対1でシュート対決すると、半身になって相手からボールを遠いところに置いてキープして、「相手をなかなかかわせません」さらに、前方への視野が確保しづらくなって「慌てます」。同時に「周りを見ろ」「押し負けるな!」とも言う指導者もいます。相手とぶつかるよりも、離れたほうが広い視野を確保できるのに逆のことを同時に要求しています。1対1ばかりの練習で、試合ではボールを持てる子が優先となり「あいつばっかりボールを持ってサッカー面白くない」というサッカーを嫌になる子どもの声も実際にききます。

1対1が強くなってもみんなでサッカーを楽しめません。また、1対1よりも、2人以上でどう点を取るかのほうが勝ちにつながります。単なる一騎打ちではなく、攻撃するときは味方がもうひとりいることを必ず想定し、2対1にゴールをつけるとプレーの選択肢が多く、子どもは幅広い駆け引きを身につけることになります。例えばボールを持っている人は、パスする振りで半身になるだけでフェイントになって「相手を抜きやすいです」、ボールを持っていないもうひとりは、ポジションに工夫し、ボールに関わります。ボールにさわれなくても、そのポジションで点が入ると関わっていると感じ「あいつばっかり」という感情も薄くなります。ボールを持ってフリーの状態から相手がよせてきたら、すぐボールをフリーの味方に離します。結果「あいつばっかりボールを持って」とはなっていません。どうするかは子どもによって千差万別でそれが個性となります。 一方、DFも視界にもうひとり入ることによって、対応が変わりパスを出されても困るから、少しポジションを工夫しなければならずうまくなります。

体もボール扱いも完成していない状態では逆にこういったサッカーセンスを身に着けるほうがよいと思います。テクニックはあるがサッカーがへたといわれる日本サッカーの弱さもここにあると思います。パスやチームに固執しているのではなく、個人もチームも伸びる方法です。サッカーは個のスポーツではなく、まぎれもなくチームのスポーツです。

 

サッカーたのしい!⑥お父さんと手で2対1

プレイパークちらし20160518 2_二人で、手でボールをパスしあって、もう一人がとりにいく遊びです。とられないようにするためにボールを持っていない人が一直線になら並ばず、ずれるように動いてボールをもらうことが大切です。

%e3%83%97%e3%83%ac%e3%82%a4%e3%83%91%e3%83%bc%e3%82%af%ef%bc%bf%e9%80%9a%e4%bf%a1%e2%91%a520161120_2

 

もうひとつ大切なのは、ふたりの距離です。近すぎるとか相手がとりやすいし、はなれすぎるとボールが届かないです。むずかしいので、足でけりあう前に 手でやって、なれてくれば足でしてください。おとうさんだけでなくおかあさんもさそってやってみましょう!

まえの2対1にもつながることですが、2人で助け合う関係をつくるゲームです。足ではボールが離れてしまうので、ボールが離れない手でやってうまくなったら足でやったほうがよいです。

 

ちらしダウンロード

プレイパークちらし20160518_
                                                                  

  

%e3%83%97%e3%83%ac%e3%82%a4%e3%83%91%e3%83%bc%e3%82%af%ef%bc%bf%e9%80%9a%e4%bf%a1%e2%91%a520161120

*ホワイトマップは当サイトのポリシーのひとつ「Think globally, Act locally(世界規模でものを考え、身近な地域で活動する)」の一環でサッカープレイパークを実施しております。

サッカープレイパークin緑区の問い合わせ先

プレイパークロゴ14

*サッカープレイパークとは
サッカープレイパークという言葉の意味は、「サッカー遊びをする場所」という意味です。今子どもたちがなかなか経験できなくなった「みんなでともに遊ぶ」、サッカーというスポーツ=遊びを通じて「自分で工夫し考え判断する」ということが経験できる場所です。

詳細は運営者の以下にお問い合わせください。

プレイパークちらし_ヘッダー

時間:毎週水曜日
   16:30~17:30(年中~年長)

   16:30~18:00(小1~小6)
費用:5,200円(税別・月額)
場所:姥子山中央公園 名古屋市緑区鎌倉台2丁目

〇問い合わせ先
公益財団法人名古屋YMCA/神沢ファミリー幼稚園
〒458-0013 名古屋市 緑区神沢2丁目831
TEL:052-879-6300 (平日9時~18時)
担当::中井

こちらも一緒に読まれてます

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください