【サッカープレイパークin緑区通信⑤】ボール自体のもつ楽しさ


サッカープレイパークin緑区通信⑤】ボール自体のもつ楽しさ

こんにちは!
店主は地元名古屋市緑区でジュニアサッカーの指導をしております。当サイトでは、私が執筆している「サッカープレイパークin緑区通信」の短い記事を紹介しています。

子どものサッカーをしる⑤ボール自体のもつ楽しさ


今から25年前、スタッフの中井がまだ社会人になりたてで、私は大学一年生、実は同じグラウンドでサッカー指導していました。そこにブラジル人の元読売ベルディのトニーニョというコーチがいました。サッカーは比べ物にならないくらい上手でしたが、私が、一番感じたのは、失礼な意味ではなく”子供のようにボールが転がっているだけでたのしそうな人”でした。その方自体の人柄・ブラジルという国民性・ボールを手に取るように扱う技術も理由ですが、ボール自体の性質の持つ楽しさがサッカーの本来の楽しさのひとつで、それが本能のように好きな人だと感じました。技術以上に私との差だと思いました。


ボール自体の性質とは、当たり前のことですが、丸いこと、おおきいこと、転がること、まっすぐけるとまっすぐころがること、はねること、何度もはねること、上にあげると人の背以上にあがること、投げると遠くにとぶこと、蹴るともっと遠くにとぶこと、人が走るより速く飛ぶこと、、、もっとあると思います。


例えば、園児や小学校低学年は大人が思いっきり上にボールを数十メートル蹴るだけで、楽しいそうににこにこしてボールを追いかけ”もっともっと”といいます。それ以外にも実際は指導者がなにもせずともそれを本能で体感してくれます。私たちの役割としては、その場数を増やしてあげることです。小さいときにたくさんのこの体感が大きくなってもずっとサッカー好きのままで居続けてくれるだけでなく、またサッカー以外のボールスポーツでも楽しめるようになると思っています。

    

サッカーたのしい!⑤お父さんとボールに乗る競争

プレイパークちらし20160518 2_
とてもかんたんですが、たのしいボールあそびです。どれだけ長い間ボールにのれるか、おとうさんと競争です。はじめはむずしいのでなにかにつかまったしてみてください。なれてきたら、片手だけ、できそうだったら両手をはなして競争してみてください。こわいけどたのしいですよ!これ以外にもボールを上に投げてキャッチ、その間になんど何度くらい両手をたたけるか競争もあります。

6-7歳までの子どもはバランスをとることが好きです。すこしたかいところで平均台のように立って歩いたりをよくしています。シュタイナーの12感覚でも平衡感覚がこの年代で大切だといっています。逆に、お年寄りもこけて大けがにならないようにバランス訓練をしていますのでバランスは一生続く大切な体の要素です。
また、上のボールの自体の持つ楽しさにもつながります。

 

 

ちらしダウンロード

プレイパークちらし20160518_
                                                                  

  

%e3%83%97%e3%83%ac%e3%82%a4%e3%83%91%e3%83%bc%e3%82%af%ef%bc%bf%e9%80%9a%e4%bf%a1%e2%91%a420161020_1

*ホワイトマップは当サイトのポリシーのひとつ「Think globally, Act locally(世界規模でものを考え、身近な地域で活動する)」の一環でサッカープレイパークを実施しております。

サッカープレイパークin緑区の問い合わせ先

プレイパークロゴ14

*サッカープレイパークとは
サッカープレイパークという言葉の意味は、「サッカー遊びをする場所」という意味です。今子どもたちがなかなか経験できなくなった「みんなでともに遊ぶ」、サッカーというスポーツ=遊びを通じて「自分で工夫し考え判断する」ということが経験できる場所です。

詳細は運営者の以下にお問い合わせください。

プレイパークちらし_ヘッダー

時間:毎週水曜日
   16:30~17:30(年中~年長)

   16:30~18:00(小1~小6)
費用:5,200円(税別・月額)
場所:姥子山中央公園 名古屋市緑区鎌倉台2丁目

〇問い合わせ先
公益財団法人名古屋YMCA/神沢ファミリー幼稚園
〒458-0013 名古屋市 緑区神沢2丁目831
TEL:052-879-6300 (平日9時~18時)
担当::中井

こちらも一緒に読まれてます

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください