【安心安全に】STマーク・CEマークなど安全認証マークについて


投稿日 Published: OCTOBER 15, 2016
最終更新日Last updated: April 8, 2017

【安心安全に】STマーク・CEマークなど安全認証マークについてて

当サイトの全ての子供向け商品は、CEマークかSTマークのどちらか認定を受けています。その詳細説明とよくある質問をひとつ紹介します。

EUの基準「CEマーク」とは

ce_01_s
EU加盟国以外で作った製品を製品をEU加盟国へ輸出する際、安全基準条件が設けられています。CEマークは、おもちゃ以外にも産業機械、家庭用電気製品、医療機器など、たとえば、iPhoneにも適用が求められています。 この製品はその条件を満たしていますよということを証明するマークです。

例えば、玩具に対しては、「EN71」という規定が発行され、大きさや形状、塗料・強度だけではなく、その対象年令や使用目的まであらゆる角度からおもちゃの安全性について、細かな 検査項目が定められています。

例えば、
形状は小さな部品の誤飲、窒息の危険性はないか
強度は接着部分や牽引のひもが外れにくくないか 
塗料は子どもにとって有害な物質が含まれていないかなどが設定されています。

 

日本の基準「STマーク」とは

stSTマークは、第三者検査機関によるST基準適合検査に合格したおもちゃに付けることができるマークです。14才までの子どもの安全性のため、必ず配慮しなければならないおもちゃの形状や強度に関する検査項目が定められています。

形状はケガをしない形状かどうか、のどを詰まらせてしまわないかどうかや
強度は燃えやすい材料が使われていないか
塗料はおもちゃの材料に有害な物質が使われていないかなどが設定されています。

 

 

よくある質問「なぜCEマークだけの商品が多い?」

実際の商品ではCEマークだけの商品が多いです。消費者としては日本の認証がないのに大丈夫なのかという質問も伺うことがあります。

その理由は
〇CEマーク世界で一番この欧州の安全基準が厳しいとされていること
〇STマークは、おもちゃのみに限られ、さらに、もし、なくても日本で販売できること
〇一方で、CEマークはないとEU加盟国で販売できないこと
〇両方取得すると、製品の種類がおおければ多いほどそのコストがかかること

それが製品価格に乗ってしまうことなどがその理由です。

 

最後までご覧いただきありがとうございます

自分で「する」は力になります。
ちょっとした発見や驚きもあります。
親と子のコミュニケーションになります。
当サイトはいろんな暮らしの中の「する」を提案しています。

もちろん「する」ことで、コストが抑えられたり、時間短縮にもなったりもしますが、我々が目指す社会は、お父さんもお子さんも「する」ことで何かを生み出す社会となり、個々に生きる力がつく社会です。
楽しんで「する」、やってみたいことを「する」、他人に「してもらう」より自分で「する」ことで豊かな未来を一緒に作っていきませんか? 

◆公式SNSページ
~もしよかったら、いいね・友だち追加をお願いします。

 


友だち追加数

◆我々のミッション

愛知県・岐阜県の「地元」の中小企業の化学品の商品を中心に
一般のホームセンターやチェーン店にはない「一部の人のみが知る」商品
「普遍性」を持ち、しっかりと売り続けられ、使い続けられる「実力」のある製品
どなたでも使える商品でありながら、「優れたテクノロジー」をもつ商品
を紹介しております。

加えて、単に紹介するだけではなく、商品自体をよく理解していただくために
百聞は一見にしかずという言葉通り、動画などを多用し、わかるまで説明します。

もし、理解できないことや疑問点、気がかりなことでも構いませんので、お気軽にお問い合わせください。
◆お問い合わせ先(お電話、メールでお気軽に)
   E-Mail:service@white-map.com
問合せフォームはこちらをクリック

 

 投稿日 Published: OCTOBER 15, 2016
最終更新日Last updated: April 8, 2017


 

こちらも一緒に読まれてます

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください