【NOTE】せかいでひとつだけ!お子様の絵を手軽にグッズに【みつろうクレヨンの楽しみ方①】


【NOTE】せかいでひとつだけ!お子様の絵を手軽にグッズに

【みつろうクレヨンの楽しみ方①】

こんにちは!

みつろうクレヨンには他にはない楽しみ方がいくつかあります。今回はその一例です。

(例)エコバック作り準備

他のクレヨンにはないたくさんある楽しみ方があります。そのひとつが布製のなにかに色を塗ってそれを定着させれることです。その一例のとしてオリジナルエコバック作りです。

〇(用意するもの)
描く布製品、みつろうクレヨン、アイロン、コピー用紙などの紙

 

 

〇よくある質問 洗濯したらどうなるかも試しています。

 

実際にやってみよう!

100均で購入したエコバックに絵を書いてみることにします。
本来は母の日やお母さんの誕生日に子どもが書いてみるという例などがよいですが、今回は比較のため大人が書き、アイロン有り無しでの洗濯比較実験もやってみます。

■描き方~クレヨンで布に描き、定着させる方法

(1)布に好きな絵をみつろうクレヨンで描く

(2)布に描いた絵の上にコピー用紙などの紙を敷き、

高温設定にしたアイロンをかける。熱でクレヨンが溶け、布の繊維に染み込み定着

(3)できあがり!

 

(4)洗濯してみると、、、、 

比較のために、上にだけアイロンを当てて、下半分にはなにもせず洗濯してみました。5回ほどすると、遠目には上は、はっきりとのこっていますが、下はうっすらと跡が見える程度

10回ほどすると、アイロンなしのほうにも色落ちが目立ちます。

  

 

 *動画や子どもが書いた写真(現在準備中)

 

★ご注意★

〇布に描いたものは熱には弱く「乾燥機で乾かすことができない」のでご注意下さい。

〇アイロンをかけるときにはヤケドには十分ご注意下さい。

〇お子様がやられる場合は、必ず保護者と一緒にやってください。

 

 

最後までご覧いただきありがとうございます

このように、
自分で「する」とちょっとした発見や驚きもあります。
親と子のコミュニケーションになります。
当サイトはいろんな暮らしの中の「する」を提案しています。

もちろん「する」ことで、コストが抑えられたり、時間短縮にもなったりもしますが、我々が目指す社会は、お父さんもお子さんも「する」ことで何かを生み出す社会となり、個々に生きる力がつく社会です。
楽しんで「する」、やってみたいことを「する」、他人に「してもらう」より自分で「する」ことで豊かな未来を一緒に作っていきませんか? 

◆公式SNSページ
~もしよかったら、いいね・友だち追加をお願いします。

 


友だち追加数

◆我々のミッション

愛知県・岐阜県の「地元」の中小企業の化学品の商品を中心に
一般のホームセンターやチェーン店にはない「一部の人のみが知る」商品
「普遍性」を持ち、しっかりと売り続けられ、使い続けられる「実力」のある製品
どなたでも使える商品でありながら、「優れたテクノロジー」をもつ商品
を紹介しております。

加えて、単に紹介するだけではなく、商品自体をよく理解していただくために
百聞は一見にしかずという言葉通り、動画などを多用し、わかるまで説明します。

もし、理解できないことや疑問点、気がかりなことでも構いませんので、お気軽にお問い合わせください。
◆お問い合わせ先(お電話、メールでお気軽に)
   E-Mail:service@white-map.com
問合せフォームはこちらをクリック


 

投稿日 Published: JULY 13, 2015
最終更新日Last updated: April 8, 2017

こちらも一緒に読まれてます

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください